本文へ移動

スタッフブログ

EAMES HOUSE:DESIGN FOR LIVING

2019-06-03
先日、都内で開かれたワークショップへ参加してまいりました。
内容は、ミニチュアサイズの家具を作るというものでした。
ミニチュアのモデルになったのは、
チャールズ&レイ・イームズの代表作である、DCWというチェアです。実際のチェアは、成型合板による3つのパーツを組み合わせて作られているようですが、ミニチュア版はケント紙を成型合板に見立て、アルミ板を芯材として挟んで組み立てております。
作業時間は3時間程度で完成、隣のブースにはイームズ夫妻の建築作品や家具の展示会も開かれておりましたので、ぐるりひと回り。。。
第二次世界大戦後、安価で大量生産できるもののコンセプトの中に、一人でも多くの人に【役に立つものを提供する】というイームズ夫妻の思想に触れることができた貴重な時間となりました。
 
設計・IC S
 
TOPへ戻る